2024年2月出演情報


①小学生のための音楽鑑賞会

1/29~2/2

関係者のみ


②N響第2005回定期 Cプロ

2/9,2/10


③くつろぎコンサート アルカイックウインドアンサンブル2024

2/11

ジュネーブ国際第一位の作曲家、高木さんの作品「不思議の国のアリス」(ピアノ6重奏・世界初演)は必聴!!めっちゃ面白い曲です!!

閲覧数が雀の涙の当HPだからこっそり書けますが、僕は個人的に、現代曲って苦手意識が強く、はっきり言って嫌いでした。笑


「ああ、、また特殊奏法まみれで、合ってるのか間違ってるのかもわかんないような、努力が全く報われない曲なんだろうな・・・ひたすら難しいこと書くばかりで、美しいメロディーもなく、誰が判定できるのか不明な微分音をひたすら練習し続けて、結局本番でリードがうまく反応せずにただ間違えた人って思われるような曲が出来上がるのかな。そんな曲聴いて、嬉しい人いるのかな。」とか思ってました正直。笑 

ファゴットは、楽器のメーカーの違い、また個体差で特徴が全然異なる楽器ですから、特に重音奏法については、たとえ運指が記載されていたとしても、それはその人しか出せないこともあります。楽器を特別に改造されてることもあります。リードも全然違う。ボーカル変えてる人もいる。無理やろ。LowBからWHightG(!)まで、誰もが高速連符でpp~ffまで自由自在に吹けると思うなよ!と。

...どれほど根に持っているんだか。笑


今回の不思議の国のアリスも、簡単では無いんです。でも、ちゃんと意味のある難しさ。そういう曲は、やりがいがある。ユーモアもある。絶対お客さんは、「え!?」って思う瞬間がある。この機会に感謝!(今月はこれだけは書きたかった笑)


④京響定期

2/17

(以降はオペラのリハーサルが鬼のように続きます。〜昇天〜)




リードが(生徒に)ごっそり奪われていった1月...でも気持ちはわかります。良いリードなんてその辺に売って無いもんね。作るのも難しいし。何より、良いリードで吹けるととっても楽しいから。だから私はブログなんて書いてる場合じゃないんですよ



今月のおまけ

パガニーニなんて吹いてる場合じゃないんですよ!!

できるんかこれ(絶望)

Hiroshi Muranaka Official Website

京都市交響楽団ファゴット奏者 村中宏の公式HP